■Mari YOGO

Mari YOGO
STUDIO J’AIME代表
競技ダンスコーチ・ボディメンテナンストレーナー

NY
日本代表愛知県生まれ。大学卒業後、サルサの神髄を本拠地のNYで学ぶため渡米。
さまざまなスクールのレッスンに参加しているときに、名実ともに世界最高峰といわれるサルサチーム「Yamlee Dance Company(ヤムレー・ダンスカンパニー)」のディレクター、Osmar Perrones(オスマール・ぺローネス)の目に留まりスカウトされる。カンパニーに所属後は、1日8時間を超える練習で研鑽を積み、スピニング(回転)とフォローイングの技術の高さ、日本人離れした手足の長い美しい肢体、そして繊細で力強い表現力が評価を受け、東洋人として初めてカンパニーの先鋭であるプロフェッショナル・メンバーとして国際ツアーに参加。
3年間のヤムレーDC所属中には、プロ・チームとして世界ツアーに幾度となく参加。ラテン的な表現であるサボールやパッションと共に、ラテン人や白人黒人に負けない力強さで、それまでの日本人サルサ・ダンサーの域を超えたパフォーマーに成長する。
Mariの噂は、不在にしていた日本でも徐々に広まっていき、2013年にはコロンビアで行われた“オリンピック種目外のオリンピック”と言われるワールドゲームスのダンススポーツ サルサ部門の日本代表にもなっている。

France
2014年より活動ベースをフランスに移し、ヨーロッパで人気沸騰中のアレグリア・ダンスカンパニーに所属。NY時代に増して、精力的に国際舞台で踊りつづけており、NYのヤムレー時代から数えるとその数は既に100ステージを超えた。ヨーロッパでは“アジアの美しき雌豹“と評され、まさに世界を股にかけて活躍中。フランスの人気テレビ番組「Got to dance」にも出演し、サルサ界を超えて認知が広がった。

競技選手育成
現在国家公安委員会公認サルサダンス特定指導員として競技選手をコーチング。世界選手権・日本・オーストラリア・スイス等のコンペティションで優勝した競技選手も排出している。

ボディメンテナンス
世界のトップダンサーとして20カ国以上でパフォーマンスやワークショップを行ってきた経験をもとに、アジア人がラテン人のように踊る独自のメソッドを伝えるダンス・クラスを、大阪・名古屋・東京を中心に各地で開催。
また、美容を目的とした身体作りクラスも開催している。

http://mariyogo.com